ガジェット

便利すぎるiPad!いったい何に使う?勉強・読書なんでもできる!

Apple製品の中で一番便利かも

みなさんこんにちは!あぶり(@aburi_514)です!

パソコン程の専門性もなければ、スマホ程の手軽さもない・・・iPadって何に使うものなの?そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。実際私もその一人でした。

私が購入したきっかけはiPad本体というより、Apple Pencilです。

年齢的に会社の中で若手と言われる時期を過ぎ、自身のビジネススキルを向上させようと思った際に勉強のツールとして目をつけたのがiPadとApple Pencilでした。

使用してみての率直な感想は【便利すぎる!】でした。

購入して一年が過ぎ、自分なりに使いこなせるようになってきたので、今度はみなさんにiPadの良さを少しでも紹介できたらと思います。

この記事はこんな人に向けて書いています。
・iPadを買おうか悩んでいる人
・どのタイプのiPadを選べばいいかわからない人
・そもそもiPadを何に使えばいいか分からない人

iPadを使ってみてわかったこと

みなさんiPadのことを画面がでかくなったiPhoneみたいなものとでも思っていませんか?

私は思っていました。その画面の大きさである必要ある?と・・・。結論、ありました!

というかスマホとタブレットは全くの別物でした。こう感じた理由はいくつかあります。

表示領域が大きく、視認性がよい

iPhoneとiPadでは単純に画面の表示領域が違うので、ひと目で確認できる情報量に違いがでます。

例えばグラフと説明文があったとします。

iPhone(小さい画面)
→表示領域が限られているのでグラフと説明文を同時に閲覧できない

iPad(大きい画面)
→グラフと説明文を同時に並べて見ることができるので理解がしやすい

新しい知識を得るときには、その情報を理解しやすい状態にしたほうが効率的だよ!

複数アプリを同時使用できる

iPhoneだとアプリをバックグラウンドで起動させておくことはできても、画面に同時に表示して使用することができません。

「調べごとをしながらメモを取りたい」
「攻略情報を見ながらゲームをしたい」

きっと色々なシチュエーションがあるでしょう。その想いはiPhoneでは叶いません。

ですがiPadなら【Split View】という機能で画面を分割して2個のアプリを同時に使用する事ができます。(非対応のアプリもあるので注意)

勉強、ゲーム、クリエイティブな作業など何をするにも便利な機能だよ。

スタイラスペン(Apple Pencil)使用でノート風に使用できる

スマホがあればメモもフリック入力で素早く取る事ができる人もいるでしょう。

ですが、Apple Pencilがあるとノートにメモを取るように作業をすることができます。

何かを記憶する際には書いて覚えることが有効です。

また、人に何かを説明する際に絵や図をサッと描いて補足すると相手の理解度も上がります。これらは手書きだからこそのよさであり、変えのきかない部分です。

iPadとApple Pencilがあれば正直手帳もノートも必要なくなると思っています。

iPadとiPhoneはしっかりと差別化された商品であることがわかったよ!
仕事と勉強をするなら絶対おすすめ!iPadにはやっぱりApple Pencilでしょ♪ みなさんこんにちは!あぶり(@aburi_514)です! この間はiPadが素晴らしいといことを記事にしましたが、その素晴...

勉強するのにはもってこいである


自身の会社での立場に変化が出てから「読書をする」「わからないことを調べる」機会が増えました。

iPadを持っていたことでとても効率的に勉強ができたと実感しています。

iPad×勉強におけるポイントは

「Apple Pencil」
「Split View」
「スクリーンショット」

この3点が特に優秀です。

解説スタートだよ!

iPad×読書


紙の本で読書をする、スマホやタブレットを使ってデジタルに読書をする、どちらがあっているかは人それぞれ違います。

私は読みすすめるだけであれば紙の方が自分には合っていると思っています。

ですが、iPadを使うと・・・【Split View】という機能で同時に2個のアプリを起動した状態で使用する事ができることから勉強に役立っています。(↓こんな感じです。例はKindleとノートアプリ)

大切だと思った場所や、気になった場所はスクリーンショットで手軽に撮影ができます。

そしてそのままノートアプリに貼りつけておけばメモを取るまでもなく必要な点をデータとしてまとめて保存しておくことができます

「あ、あの本に書いてあったことなんだっけ?」と本を引っ張り出して探さなくても、重要と思う部分だけをデータで残しておけばiPadがあるだけで完結します。

ノートアプリに貼りつけた画像の周りにはApple Pencilを使って手書きのメモを残すこともできます。

とても便利!勉強、調べごとが捗るよ!

人間は物事を忘れる生き物です。聞き返す、見返すなどの行動で記憶を呼び起こすことで記憶を定着させていきます。

そんな時データで保存できていれば必要なところもすぐに検索で呼び出せるので効率的ですね。

手書きっていいよね。考えがまとめやすい!

iPad×調べ事


上で書いた読書アプリがSafariやchromeに変わっただけです。

半分でブラウジングしながら必要なことを探し、もう半分で必要なことをまとめる。これだけで全然違います。

サイトURLをそのまま貼り付けておけば、本の紙面をスクショするという手間もなく必要なサイトを保存しておくことも可能です。

パソコンでも同じようなことはできますが、iPadならではの良さは手書きで自分の考えをまとめられる。というところだと思います。

ブラウザを開きながらメモ帳などに箇条書きするのと、必要なところに赤色の文字で注釈をつけたりする方が後から見直した際のわかりやすさが違いますよ。

使っているノートアプリ


<GoodNotes5:980円>
調べたら色々ありましたが、色んな方が推しているものを試すのが一番いいかと思い購入。

率直な感想は「すごくいい!」です。

Apple Pencilありきでの感想ではありますが、これがあればもう紙のノート、手帳類はいらないのではないのかと思うほど。

毎日の記録とタスク管理をするために手帳とペンを買いましたが使わなくなってしまいました。これならその分の金額をiPad購入費に回せばよかった・・・。

でも紙のものを使っていたからこそこのiPadとGoodNotes5の素晴らしさが実感できたのかもしれません。

GoodNote5は、仕事や学習にiPadを使用しようと思っている方は絶対に購入した方がいいアプリです。本当におすすめ!

GoodNotes 5

GoodNotes 5

Time Base Technology Limited¥980posted withアプリーチ

私のiPad紹介

iPad Airを選んだ理由

私が購入したのはiPad Airの64GBです。

そこまで専門的なクリエイティブな作業を行う予定がなかった事、予算面でまずiPad Proは選択肢から外れました。

ではここで比較検討するのはiPad第8世代とiPad Airです。

<iPad第8世代>
44,800円(税抜)
128GB
Apple Pencil対応(第一世代)

<iPad Air第4世代>
62,800円(税抜)
64GB
Apple Pencil対応(第2世代)
Touch ID対応
ホームボタン無し

コスト面と容量だけで見たら圧倒的にiPad第8世代がお得です。それでも追加で18,000円払ってiPad Airにした理由はやはりApple Pencilの対応世代です。

第2世代のApple PencilはiPad本体の側面にマグネットでくっつき、そこで同時に充電もされます。

使いたい時に充電がなくて困るという事がないので便利だよ

あと、ノートアプリを使用している際にペンをトントンとダブルタッチすることで書くモードと消しゴムのモード(ここは任意で違うものに設定可能)を切り替えたりできます。

小さなことと思われがちですが、こういうささいな作業やストレスが無くなるっていうことは思った以上に作業の効率化に繋がっておすすめですよ。

同時に購入した備品

ちなみに同時に「ケース」と「ペーパーライクフィルム」も購入しています。

ペーパーライクフィルムとは表面がすこしザラッとした画面保護フィルムです。

普通の保護フィルムだとペン先がツルツルと滑って書きにくいと感じる方もいるかと思います。

ペーパーライクフィルムを使えばApple Pencilで文字を書く時に少しだけフィルムに引っかかって摩擦を感じる分、紙に文字を書いているかのような感覚で記載できます。

Apple Pencilを購入してノートアプリを使用したり、絵を描いたりする方にはぜひおすすめしたい商品です。

あとがき

勉強のためにメモをとる、仕事中に考えをまとめるだけにとどまらず、日記もiPadで書いています。

それぞれをつきつめれば、専門のアイテムを使うこともいいかもしれませんが、これらを1つのデバイスにまとめられることが大きなメリットだと思っています。

ちょっとした調べごとの時にもiPadが欠かせなくなりました。

実際に使ってみて初めて感じる素晴らしさもあるはずです。周囲の人が持っているようでしたら、実際に触らせてもらうことをおすすめします。

すでにiPadが欠かせなくなった私ですが、これからも便利なアプリを活用しながら生産性を上げて行きたいと思っています。

みんなが役立つアプリを探して紹介できるようにします